• ホーム
  • 水虫はカーペットや頭皮に移りやすいです

水虫はカーペットや頭皮に移りやすいです

水虫の予防と注意点について説明します。
水虫がよくできるのが足ですが、実は頭皮にも感染しやすいのです。
白癬菌とも呼ばれている水虫は、高温多湿な場所を好みます。
カーペットや足拭きマットなんかによく繁殖しやすいです。
特に、子供がかかりやすいのがシラクモと呼ばれる頭皮に引き起こされる水虫です。
感染した場所は、赤く炎症してフケが発生します。
白癬菌にも、様々な種類があります。
なんと、その種類は20種類以上になります。
ペットを飼っている家庭も沢山あると思いますが、ペットによって感染する事もあるのです。
モミクロポルムカーニス感染症と呼ばれています。
赤くブツブツになりその部分が脱毛したりします。

早めの治療が必要になります。
平行して、ペットの治療も大切になります。
白癬菌は、高温多湿な場所を好むと言いましたが、長時間、帽子を被っていたりする事が原因となっているのが多いです。
また、体力が低下していたりすると感染しやすくなります。
軽い症状の水虫なら、帽子やヘルメットは共有する事は避け薬用のシャンプーなどで治療出来ます。
乾燥させる事で、水虫は完治します。
症状が進んでいる場合には、皮膚科などを受診して内服薬を処分してもらうのが一番良いです。

早期治療が、他人への感染を防ぎます。
水虫は、恥ずかしいと思うかもしれませんが、家族がいるのならきちんと正直に説明をして、予防を心がける事が大事です。
カーペットも敷いていたらしまうなど少しでも広がらないように清潔に保つようにするのです。
頭皮に起こる水虫は、よく皮膚炎と間違えやすいと言います。
常に、頭皮の状態を観察しておくと良いです。
間違った内服薬だとアレルギー反応を起こす場合があるから注意した方が良いです。

人気記事一覧